プリンターで印刷できるプラ板がセリアに売っていると聞いて、買ってきました。
せっかくなので工程とか写真に撮りました!
作ってみたい方の参考になれば幸いです!
01
  

-------------------------------------------------------------------

01

種類は白と半透明の二種類ありました。
今回はアクキーっぽくなるかなぁと思って半透明を選びました。
サイズはどちらもはがきサイズのみでした。

3枚入りで100円!

02

半透明というものの割と透明感があります。
全体的に和紙のような白いザラッとした感じです。


03

実際に印刷してみるとこういう感じ。
ザラッとした方(印刷面)に印刷します。
印刷面が裏になるので絵は反転させて印刷しましょう!(しわすれていた)

印刷したところを触ると滲んでしまうので、触らないように注意!

05

加熱すると色が濃くなるということだったので透過50%、30%のものも用意しました。
色が薄いので切り取りが大変ですが、50%くらいならなんとか見えます。
30%は薄い部分がほぼ見えないので結構難しいです。


04

少し余白をあけて形を切りました。
穴はパンチがなかったのでカッターで切りましたが、パンチくらいなら百均にも多分売ってるので、ないなら一緒に買ってくるのがベターかも。


あとは説明書通りにトースターで加熱します。
くしゃくしゃにしたアルミホイルに乗せて、私は1000Wで1分半くらい。
様子を見ながら加熱しました。
終わったらやけどに注意しつつ本などに挟んで平らに伸ばします。

完成

出来上がりはこんな感じ。
100%で印刷したものはかなり色が濃いです。
50%透過で印刷したものが紙などに印刷した色に近いです。
30%透過だとかなり薄い印象になります。
(50%30%は失敗して歪んでます…(´・ω・`))



06

焼き上がりサイズ感。
だいたい1/4くらいになってます。
07
はがきサイズで印刷して手のひらサイズくらいになります。



08
ちょっとピンボケしてますが、焼き上がると裏は透けなくなります。
光に透かすと100%でもちょうどいい感じです。

仕上がりの厚みは1mm程度で、無理な力をかけるとボキッと折れちゃうので注意。



まとめ

・印刷するときは50%透過で印刷する。
・加熱したあとは丁寧に伸ばす。

この2つをしっかりまもればかなりきれいに仕上がります。

ただ印刷所に頼むアクキーに比べるとどうしても貧相になるので個人で楽しむ用かなぁという感想。
レジンなどを盛ってプックリさせる方法などもネットに乗ってますので、もう少ししっかりしたものは作れそう。


最近二次創作グッズの規制が強まってるらしいので、こういう手作りなもので代用するのもありかな。と思いますが、やはりプロの技にはかなわないので規制がこれ以上進まないといいなぁ。